- ルール -

Page Translated with DeepL
Please report any errors to [email protected]

CollabVMのルールは以下の通りです。違反した場合は、BANされます。

法律に違反しないように

CollabVMまたはCollabVMのネットワークを利用して、米国連邦法、ニューヨーク州法、または国際法に違反しないでください。CollabVMのサービスを通じて犯罪が行われたことをCollabVMが認識した場合、お客様は直ちに使用を禁止され、必要に応じてお客様の活動が当局に報告されることがあります。

CollabVMは、法律により、ネットワーク上に児童ポルノが存在する、またはネットワークを通じて送信されていることを認識した場合、法執行機関に通知することが義務付けられています。

DoS/DDoSツールを実行しない。

CollabVMを使用して、個人、企業、会社、または他の人をDoS/DDoSしないでください。

スパム配信なし。

このサービスを利用したメールやプッシュ型のスパムは、一般的に禁止されています。

いかなるエクスプロイトも悪用しないでください。

また、悪用している人を見かけたり、報告する必要がある場合は、[email protected] までご連絡ください。

他のユーザーになりすましてはいけません。

CollabVMの他のメンバーになりすましてはいけません。発見された場合は、一時的に接続が切断され、必要に応じて出入り禁止になります。

お一人様1回の投票とさせていただきます。

投票制限を迂回するような方法やツールは使用しないでください。どんなことがあっても、一人一票しか投票できません。このような行為が発覚した場合は、出入り禁止となります。

リモート管理ツールはありません。

リモート管理ツール(例:DarkComet、NanoCore、Anydesk、TeamViewer、Orcusなど)を使用しないでください。

CollabNetをバイパスすることはできません。

CollabNetが提供するブロックをバイパスしようとしないでください。特に、ルール1、ルール2、ルール7を破るために使用されている場合(または、愚かな使いすぎを実行している場合)は注意が必要です。

常に破壊的な行為を行わない。

ユーザーは、VMを破壊したり、常に使用不能にしたり、そのようなことを行うボットを実行してはいけません。これには、大量のキーボードやマウスの入力をスパムするボット(「キッティング」)も含まれます。

- ボットのルール -

開発者?以下のルールは、本ルールと並んで、ボットや自動化されたスクリプトにも適用されます。

投票権のリセットに参加しない

ボット/自動スクリプトは、投票のリセットを開始したり、それに参加したりすることはできません。これには、YES/NOの投票や投票リセットの開始を可能にするコマンドが含まれます。

ユーザーの同意を得ずに回答することはありません。

ユーザーは、ダイレクトメッセージ(@ChatBot)、コマンドのプレフィックス(例:+help)など、何かを指定する必要があります。

ボット/自動化スクリプトは、すべてのユーザールールに従わなければなりません。

ボット/自動化スクリプトは、ボットのルールに加えて、通常のルールにも従わなければなりません。
ボット/自動スクリプトは、上記のルールに従っている限り、どのようなコマンドでも構いません。